FolivorA/日美

日美 / nichibi…FolivorA | フォリヴォラ 無垢材とモダンなコタツ

シンプルで洗練されたデザイン。
本物の木のぬくもり。
素材感のあるファブリック。

モダンで上質な暮らしと、ゆるっとだらっと寛ぐこと。
シックなインテリアが好きなことと、コタツでごろごろするのが好きなこと。
相反するようだけど、本当にそうでしょうか?

FolivorAがつくりたいのは、真に居心地のいい場所。
居心地のためにデザインを我慢しない。
デザインのために居心地を我慢しない。
どちらも叶うのが最高だと思うから。

コタツの概念を覆したくて

日本の冬の風物詩、コタツ。足元からポカポカとあったまって、ついウトウトしてしまうあの気持ち良さと言ったら。しかし年々、コタツを使う人は減っている。どうしても和室のイメージが強かったり、プリント化粧板などを使用した安物、インテリアの一部というよりは家電として扱われている側面もありました。最近はその野暮ったいイメージを払拭すべく、北欧スタイルやヴィンテージスタイルを取り入れ、冬以外にもローテーブルとして使えるような商品は発売されているものの、どこかカジュアルなものが多いのです。インテリアとしてコタツが見直され始めている。それはとても嬉しいことなのですが、偏っている。そう感じていました。

そこで、FolivorAは「モダンで上質なフロアライフ」をテーマに、無垢材のコタツテーブルやモダンなテキスタイルを使ったコタツ布団とのコーディネートで、これまでにないシックで上質なコタツインテリアを提案したいと考えています。インテリアとしてのコタツの可能性が広がり、日本のコタツ文化が後世に継承される一端を担えたら…大げさに聞こえるかもしれませんが、それがFolivorAの願いできます。

無垢材のコタツ

本物の木の質感が感じられ、長く使い込み育てる楽しみもある無垢材のテーブル。いわゆる普通のダイニングテーブルやリビングテーブルなら世の中にたくさんあるし、人気も高い。なのにどうしてコタツとなると無垢材のものがこんなにも少ないのだろう…そんな疑問が、FolivorAが生まれたきっかけでした。長く使うほどに風合いが増し、傷やシミがついても味となっていく…コタツは昔もこれからもきっと団欒の場所だからこそ、無垢材が合うと考えました。

コタツ布団に夢を

コタツがインテリアとしてアリかナシか、それを決めるのはテーブルよりもコタツ布団だと言っても過言ではないでしょう。コタツ布団は部屋の中で結構な面積を占めるので、どんな布団を選ぶかで雰囲気は大きく変わってきます。だから色や柄はもちろんのこと、質感まで厳選した生地をセレクトしてコタツ布団を製作しています。

縫い方にもこだわりました

生地さえよければそれでいいかといえば、そうではありません。今のインテリアに無理なく馴染むように、縫い方も工夫しています。一般的なコタツ布団のステッチは大きく波打っていることが多いのですが、あえてそれをまっすぐストレートに、一部はテーブルの天板下に隠れるようにすることでシンプルに見えるよう仕上げています。

裏地はフカフカに

裏地は肌に触れて気持ちいいフワッフワのマイクロファイバー。毛足の密度が高いものを使用しているので、触り心地がいいのはもちろん熱を逃さず保温性もバッチリです。コタツ布団の保温性が高ければ、その分ヒーターの温度を下げても暖かいので省エネ効果も高まります。

Item Collection

※当店で展示・販売しているアイテムになります。
※店舗限定アイテムによりインターネット販売はできかねます。ご了承ください。
※割引ができない限定メーカーさんになります。(但し、展示品は除く。)

LENIS / レニスコタツテーブル


LINISのテーマは「柔らかさとシャープさの共存」
角を落とした丸みのあるシルエットながら、エッジを残したデザインに仕上げました。

size:幅100/120/140/160×奥行60/70/80/90×高さ38cm

material:walnut/oak

これまでFolivorAからリリースしてきたYUL、NOMBEとは異なる「角のないコタツテーブルを作ろう」というのがLENIS開発のスタートでした。天板や脚の角を丸くして、ぶつけても痛くなりにくいように、でも「丸い⁼優しい可愛らしい」というよりスタイリッシュな雰囲気にしたい。それをどう実現するかを試行錯誤しました。

最もこだわったのは天板の形状。上下とも角を落としていますが、エッジを残すことでシャープな印象になるよう工夫しました。

このフォルムを作るための研磨は一つ一つ手作業で行います。天面~側面~裏面が滑らかに繋がり、なおかつ丸くしすぎずエッジを残す。丸過ぎても尖り過ぎてもダメ。職人の感覚が頼りです。

素材はコタツとしては珍しいウォールナット無垢材のオイル仕上げ。無垢材とは、簡単に言えば貼り物ではない、丸太から切り出したそのままの板のこと。木の自然な質感を楽しめる一方で、木の収縮による反り割れが発生することがあるため、熱を持つコタツでは敬遠されていました。また、コタツは家電として見られることも多く、それに高級な無垢材を使うという発想がされなかったこともあるでしょう。そのため、既存のコタツは木を使っていてもそのほとんどは突板。たまに無垢材のものもありますが、板の狂いを抑えるためウレタン塗装が施されています。

でも、コタツもテーブル。立派な家具です。無垢材やオイル仕上げの家具が好きな人も使いたいと思えるコタツをつくろう。それに、コタツのテイストってなぜか和風かカジュアルに偏っているけど、もっとシックでモダンなコタツがあってもいいんじゃないか?そんな想いのもと、FolivorAのコタツは製作されています。

もちろん、木の反り割れを回避する対策も。材料を慎重に見極め、職人の手と目で一つ一つ確かめながら接着と乾燥を行い、天板には強固なコの字型の鉄の反り止めを埋め込んでいます。

無垢材・オイル仕上げの良さは質感だけではありません。ご家庭でメンテナンスができ、使い込むほど色艶に深みが生まれるのも特長の一つです。突板やウレタン仕上げの場合、一度傷がつくとご自身で直すことはできませんが、無垢材オイル仕上げのテーブルはサンドペーパーで整え、オイルを塗り直すことで綺麗になります。

コタツと言えばやっぱり団欒。みんなで集まってごはんを食べたりお酒を呑んだりテレビを見たり。無垢材のコタツなら、家族や友だちとの思い出を重ねながら、永くお使いいただけます。

もちろん、コタツとしての機能は抜かりなく。採用されている500Wカーボンヒーターは、熱源にカーボン(炭素繊維)を使っているため、遠赤効果が非常に高く身体の芯から暖かくなるという特徴を持っています。ヒーターは汎用サイズなので、長年のご使用で故障してしまった場合は、市販のヒーターと簡単に交換することができます。

冬はコタツとして、それ以外の季節はローテーブルとして、年中ご使用いただけけます。

CANVAS / キャンバス コタツ布団


ありそうでなかった!?ヴィンテージ感のある帆布を使用したコタツ布団です。
キルトステッチを必要最低限にとどめ、直線的に縫うことでシンプルに仕上げました。
ヴィンテージテイストのコタツとも相性抜群です。

size:幅200/220/240/260/280/300×奥行200cm

color:ベージュ/カーキ

【LENIS:店舗画像】

樹種:ウォールナット
仕上:オイル
サイズ:幅100×奥行60×高さ38cm

※現品の販売が可能な商品です。

【LENIS:以前の展示品】

樹種:ウォールナット 仕上:オイル
サイズ:幅100×奥行60×高さ38cm

コタツ布団:キャンパス
カラー:ベージュ