北の住まい設計社

KITANOSUMAI SEKKEISHA

私たちが暮らしているこの地球に、
限りなく未来があるように、少しでも、私達にできること。
たとえば、自然にやさしい、天然の素材を作ること。
素材が生き続けられる、やさしい作り方であること。
修理も可能な、しっかりとした手仕事であること。
そして、飽きのこないシンプルなデザインであること。
これは、自然のサイクルと同じだけ、永く、永く、
子供たちの子供たちまで使い続けてもらいたいという、
北の住まい設計社の願いです。

自然豊かな北海道、東川の地で。

限りなくたっぷりの澄んだ空気、清らかな水、鳥や動物たちの声、春に夏に、そして秋に冬に、変化しながら姿を現してくれる大雪山。白樺、エゾマツ、トドマツ、イタヤ、ミズナラ、そして野草や花たち。エゾシカ、キツネ、イタチ、タヌキ、エゾリス、ウサギ、テンに。私たちの家具はこの自然豊かな東川の地で生まれます。自然を感じることは、与えられる恵みの多さを知ることであり、モノづくりにおいても大切なことです。

1928年に建てられた小学校。
ここが私たちの作業場です。
1985年に譲り受けた当時、住み手を失った廃校跡は、雨漏りのする寂れた姿で雪に埋もれていました。永く使うことを考えた家具作りには、この古い建物を修理し再生していくことに意義があると思い、屋根を葺き、ペンキを塗り直し、わずかな機械設備を整えスタートしました。以来、私たちの生き方のシンボルとして残してきた建物です。隙間風の入る古いガラス窓、歩くと軋む床。時が経つほどにその重さを増してゆく姿は、私たちのモノづくりのあるべき姿を教えてくれているようです。

少なくとも、木が土に根をおろしていた年月を家具として生きられるように。

使い込む程に味わいが増し、次の世代に引き継いでゆく道具としての家具を。木は永い時を成長し続けてきたものです。雨の多い年、雪の多い年、強い風、夏の暑さ。100~200回もの四季を、同じ場所で受けとめてきたのです。人間ひとりひとりが、それぞれに形づくられ、顔も、考え方も、そして暮らし受けとめてきたのです。人間ひとりひとりが、それぞれに形づくられ、顔も、考え方も、そして暮らし方も様々なように。また、各々に違った良さが備わり、誰もが素晴らしい存在であることのように。木もどのくらい生き、どのようなことがあったのか。その成長は年輪に刻まれ、木目の模様が現れます。たくさんの種たちが地上に落ち、全くの偶然によって、芽を出し、他の木や草と競争し、それに打ち勝って成長することをゆるされた一本の木が、100~200年と生き続けてきた年月の証。創造主である神が、木というキャンパスに、土・雨・風・光、虫やけものたち、暑さや寒さを駆使し、長い時をかけて描き出した作品のように思えるのです。素晴しい事に、木は土に根を下ろしていたのと同じ年月を、家具や家として生き続けられます。その年月に耐えられるよう、私たちは無垢材を使い、手仕事でモノづくりをしています。木の素材の良さを生かし、丈夫な作り方で、普遍的な形で、修理も可能なように…。木に寄り添い、時を考え、問いかけるから、手を動かしてゆきたいと思うのです。
年月と手間暇をかけ、家具になっても狂いがでないよう、しっかりと乾燥させます。
私たちの家具づくりは、木の乾燥からはじまります。無垢材は家具になっても、空気中の水分を吸ったり吐いたり、呼吸をしています。この呼吸で木は伸び縮みするため、含水量と木の動きを把握する乾燥の工程が重要になります。はじめに丸太を挽いた材料の持つ含水率は90%ほど。これを私たちの周りにある湿度に合わせ、最終的には10~9%になるよう乾燥させます。不思議なことに、木は14~15%の含水量になると、急激に変形したり狂いがでてきます。自然界にはない環境や状態になるためでしょうか。私たち人間が自然界のものを使わせてもらう、その境界線のようです。この木の狂いがなるべくでないよう、自然乾燥でゆっくりと、年月をかけて乾燥させます。防腐剤を使わないため、カビが生えないよう定期的に積み替えを行います。乾燥の期間は樹種によっても異なりますが、例えばイタヤカエデでは2年以上かかります。自然乾燥では20%ほどの含水率に保つのが限度なので、その後は蒸気を使った人工乾燥機へ。ここでも薬品などを使わず、東川のきれいな地下水を使っています。専門的な知識や経験が必要になる乾燥ですが、材料から目の届くものを使い、安心のできるモノづくりをめざしています。
木の個性を見極めながら、ひとりの職人が、ひとつの家具を完成させます。
私たちの家具は、基本的にひとりの職人がひとつの家具を完成させます。昔ながらの工法で、手仕事で、修理も可能なように。土に根を深くはり、いくつもの季節を越えて生きてきた木には、人間と同じようにそれぞれに個性があります。一度に作れる量が限られてしまいますが、個性を生かすモノづくりには手仕事が欠かせないのです。
人の手は多様に複雑なことのでできる、いちばんの道具です。目で見て、経験を通して予測し、技術を持って作り出す。職人の手と無垢の木、人と自然が関わり合う、モノづくりの原点のようです。私たちは、手仕事が次の世代にもあるように目指しながら、歩んでいきたいと思っています。
天然塗料で仕上げることで、木の呼吸を妨げず、表情豊かな味わいを生む家具へ。

自然界の恵みにより描かれた、「木目」という作品を持つ木。その木によって私たちの家具は生かされています。そのためウレタンなどは使わず、自然な仕上がりになるようオイルなどの天然塗料を使っています。これは、木の呼吸を妨げず永く使うためにも、大切な要素のひとつだと考えています。オイル仕上げには塗膜がないので剥がれることがなく、水拭きを日々繰り返すことで大抵の汚れを落とす事ができます。無垢の木は使うほどに味わいが増していくもの。単に色が深まるというだけでなく、濃くなるものもあれば薄くなるものも、時には傷がつくことも。一緒に年月を過ごした分だけ表情の豊かな家具として育っていきます。

少しだけ手をかけてあげる。
一緒に暮らした分だけ味わい深く育ちます。

私たちがお届けできるのは、「かたち」として完成した、生まれたばかりのものたちです。買ってすぐが最高の状態の工業製品と違い、20年、30年…と暮らしの場で使われ、一緒に呼吸をして、生活して、やっと本当の「家具」として育ってゆきます。木にかさつきや汚れが目立ったら、拭いて保湿をしたり、時々お手入れをして上げて下さい。一緒に暮らした分だけ、表情も豊かに、味わいを増してゆく家具たち。子供たちの子供たちの代まで、永く使い続けられる道具になりますように…。

-無垢材に欠かせない永く使うための技や工夫-

無垢材を使うには、木の「呼吸」による伸縮の動きに対応できる仕口や工夫が必要になります。
それは職人の技術を生かすことになり、家具としての価値を高め、永く使うことへ繋がると考えています。
交換や修理のことを考えた仕組みも大切に。そしてそのつくりから生まれる、必然性のある機能的で美しいデザインを追及しています。

ホゾ組み

ホゾをホゾ穴に入れてしっかりと組む仕口。
角度のついたものなど様々な形がある。

引き出しの組み手

引き出しのホゾ組みは横板に1本の通しの溝を切った組み手。しっかりと組合うことでねじれや歪みが出にくい、昔ながらの仕口。引き出しの底板も無垢材のため、伸縮の動きを妨げないつくりに。

しぶいち

扉にガラスのあるものは、しぶいちという部材を木ネジで固定。これでガラスが割れてしまった時にも交換がしやすい。

アリ桟と反り止め

テーブルの天板の裏などにあるレール状の溝と、その溝にはめ込まれている棒状の反り止め。木の伸縮を妨げないようにしながら、天板のねじれや歪みを防ぐ。

隅木

あらゆる家具の上下四隅や脚部に取り付けている補強材。ゆがみやきしみも防ぐ。

エクステンションテーブル

すべて木で作られたエクステンションテーブルのレールなどの仕組み。細かな細工で職人の技術が求められる。

引き出しのストッパー

レール溝の奥に突起をつけ、引き出しが落ちないようストッパーに。これもすべて木で作られている仕組み。

製作者シール

誰がその家具を製作したのか、検品したのかが確認できるシール。裏などの目立たない部分に貼付。

Item Collection

※当店で展示・販売しているアイテムになります。
※店舗限定アイテムによりインターネット販売はできかねます。ご了承ください。
※割引ができない限定メーカーさんになります。(但し、展示品は除く。)

Extension Table Classic

限られたスペースや、家族だけ、そして人を招いたときの食卓。
いろいろな暮らしのシーンに合わせて使えるように…。
補助天板をつけたり外したり、幅のサイズを変えられるエクステンションテーブル。
金具を使わず、すべて木材で作りました。

【イメージ画像】 幅135cm

【イメージ画像】 幅165cm

【イメージ画像】 幅195cm

テーブル天板の端をひっぱり、補助天板をはさんだり外したり、調整します。

レール部分もすべて木製です。

補助天板を使わない時には、テーブル内に収納できます。

2枚の補助天板を納めたところ

幅135

幅165

幅195

テーブル内に収納

補助天板2枚付き

【イメージ画像】
樹種:道産イタヤカエデ ソープ仕上
【イメージ画像】
コーナー拡大
【店舗画像】
樹種:道産ナラ オイル仕上
※新しい展示品入荷しました。

【オリジナルカレンダー】

木の素材を味わえるカレンダー。
毎年、レフィル(交換中身)ができあがってきますので、無垢材の木部はそのままで、交換ができます。
【イメージ画像】
樹種:イタヤカエデ オイル仕上
【イメージ画像】
壁に掛けた状態
【店舗画像】
樹種:チェリー&ナラ オイル仕上
※2019年レフィル入荷してます。

資料請求

ご興味のあるお客様は、資料をご参照頂けると幸いです。
当店よりパンフレット(北の住まい設計社)を送付致しております。
お気軽にお申し付けください。
※もちろん費用は、無料です。

スウェーデンで愛され続ける
定番のスポークチェア…「Lilla Aland」。

「スウェーデンの家具の父」と呼ばれるデザイナー、カール・マルムステンの代表作、Lilla Aland(リッラ・オーランド)。Aland島の教会を訪れた時に見た椅子からインスピレーションを受けたため、Lilla Aland(小さなオーランド)と名付けられました。クラシックで美しく、機能的で北欧らしいデザインは、「スポークチェアの中のスポークチェア」ともいえる定番の椅子として、スウェーデン国内をはじめ世界各地で愛されて続けています。

カール・マルムステン プロフィール
-1888-1972 Sweden-
まだ若手である1900年代の初めから、職人の技とその他の伝統を大切に、地元の素材を使い、幅広い人々に手に取ってもらえるような家具を、と考える。「普段使いの美しさ」を求めた、クラシックで美しく、機能的なデザインを数多く発表。自然から多くのインスピレーションを受け、クラフトナイフを片手に切り株に座っているのが何よりも幸せだったという彼は、そのエコロジカルで持続性のあるモノづくりへの思想をもとに、手工芸やデザインの学校を創設。今もなお多くの影響を与え続けている。
100年以上の歴史あるスウェーデンのメーカーで、職人の技術と経験を生かして作られています。

STOLAB(ストラブ)は、スウェーデン南部・スモーランド地方にあるsmalandsstenar(スモーランズティナー)で、1907年から家具作りを続けている老舗メーカーです。スウェーデンの著名なデザイナーによる無垢材の家具を、自社の工場と職人で製作。環境への配慮と高い品質を保持しながら、次の世代にも引き継いでいける製品作りに取り組んでいます。Lilla Alandのチェアは、その工場からほぼ完成した状態で届けられ、脚部分の組み立て、カラーリングなどの塗装や仕上げを、北の住まい設計社の職人が行っています。

■Lilla Aland/リッラ・オーランド

サイズ:W440 D570 H880
樹種:ナラ(オイル)
カバ(オイル、ソープ、カラーリング)
※カラーリングは水性塗料
デザイン:Carl Malmsten
原産国:スウェーデン

■Lilla Aland Arm/リッラ・オーランドアーム

サイズ:W550 D570 H880
樹種:ナラ(オイル)
カバ(オイル、ソープ、カラーリング)
デザイン:Carl Malmsten
原産国:スウェーデン
【イメージ画像】
樹種:ナラ オイル仕上
【イメージ画像】
樹種:カバ カラーリング:ブラック
【店舗画像】
樹種:ナラ オイル仕上

資料請求椅子コレ

ご興味のあるお客様は、資料をご参照頂けると幸いです。
当店より、パンフレット(リッラオーランド)を送付致しております。
お気軽にお申し付けください。
※もちろん費用は、無料です。


国産ウッドスプリングベッド…新しいベッド“SOMNUS/ソムヌス”ができあがりました。

※画像をクリックしてください。詳細ページへ移動します。