飛騨高山の椅子たち

Item Collection

※当店で展示・販売しているアイテムになります。

※通信販売(メール・お電話)もできます。お気軽にお問い合わせください。

HIDA/飛騨産業 - シカ/SHIKA design:隈 研吾

鹿の軽やかで可愛らしい躍動感を
飛騨産業の卓越した木加工技術によって

作り上げた椅子。

隈 研吾/kengo kuma
1954年生。東京大学建築学科大学院修了。1990年隈研吾建築都市設計事務所設立。慶應義塾大学教授、東京大学教授を経て、現在、東京大学特別教授・名誉教授。これまで20か国を超す国々で建築を設計し、国内外で様々な賞を受けている。その土地の環境、文化に溶け込む建築を目指し、ヒューマンスケールのやさしく、やわらかなデザインを提案している。また、コンクリートや鉄に代る新しい素材の探求を通じて、工業化社会の後の建築のあり方を追求している。

肘掛けから横に延びて背に繋がる繊細なカーブは、
牡鹿の角のカーブからヒントを得ながら導き出した。
テーブルの周りに並んだ椅子は群れ生活をする鹿の家族
を想起させる。

Arm Chair Wood Seat

Walnut / White Oak
・AK201AU / AK201AN
W51.5×D49.5×高さ68.5 SH42 AH66cm

Arm Chair Fabric Seat

Walnut / White Oak
・AK200AU / AK200AN
W51.5×D49.5×H68.5 SH44 AH66cm

【SHIKA:店舗画像】

樹種:ホワイトオーク
仕上:オイル

【SHIKA:以前の店舗画像】

KASHIWA/柏木工 - BOSS STYLE/ボススタイル

KASHIWAは、次世代の生活が求める家具の形を提案しつづけます。椅子の上でのゆったりとした心地よさと寛ぎ感。座面をワイドにしたり、アームをちょっと控えめにしたのも、そんなリラックスへの配慮です。「自由に座る・自由に使う」をテーマに開発されたのがBOSSチェアです。胡坐をかく、脚を組む、横向きに座り背に肘を掛けるなどゆったりと自由に寛げる椅子をデザインしました。

空間や時間という概念にとらわれることなく、
「人」と親密に向き合う家具

家具は「かくあらねばならない」という、絶対的な形や考え方が人間の生活スタイルを決めてしまう時代もあったことでしょう。でも、時が経てば、それも過去のこと。

椅子の上でおおらかに寛ぐ、というような我がままスタイルさえも許容してしまう時代です。家具を生み出す原点の発想がしなやかに変化してきているのです。

気兼ねのいらないわが家でも、パブリックな空間でも人々は同じレベルで、くつろぎ感を求めるのではないでしょうか。カシワは、空間や時間という概念にとらわれることなく、ひたすら「人」と親密に向き合う家具のあり方を発想しつづけています。BOSS STYLEは、そこから生み出された新しい家具の、ひとつの回答です。

特徴:モールドウレタン

モールドウレタンとは、専用金型の中にウレタン液を注入し発泡させて造り上げる製法です。このウレタンは表面全体が皮膜で覆われるため、「圧力の分散」や「弾力性」「耐久性」があり型崩れが しにくいクッションになっています。又、硬度が23kg(反発力)になるように管理され生産されているため、品質の維持信頼性があるクッションに仕上がっています。

BOSS STYLE ダイニングチェア

樹種:ウォールナット
仕上:オイル/ウレタン
張地:革(ブラック)
品番:EDC52W
size:W65.4 D59.2 H76.6 SH43 AH63cm

【BOSS STYLE:店舗画像】

樹種:ウォールナット
仕上:オイル
張地:合成皮革エーデルスムース※黒
※現品の販売が可能な商品です。